底辺高校のテストはテストじゃない

学校関係
Pocket

底辺高校のテストを見せてもらった

筆者が高校時代、

友人が地元で名の知れた底辺高校に入学した。
そして、高校のテストを見せてもらったことが、あるがテストの内容があまりにも衝撃的で今でも覚えてる。

半端ねーよ

数学のテストで2桁×2桁のひっ算

高校数学のはずなのに、2桁×2桁のひっ算が問題に入っていた。

14×12や21×30など、10問程度ひっ算問題があった。

こんなテスト赤点0人やろと友人に言ったが、0点がいたらしい。
九九が出来ない子でクラスでも有名だったみたい。

因みにテストの最終問題は直角2等辺三角形の1:1:√2を使った問題でした。

問題文は両辺1cm,1cmの直角2等辺三角形があります。

もう一辺は何センチ?
√を使って答えなさいでした。

これが一番難しい問題ですよ(笑)
高校数学に入ってない…

歴史テストボーナス問題編

歴史のテストに裏面にボーナス問題があった。

問題の内容は好きな武将と好きな理由を書きなさいでした。

答案には

織田信長

と書いてありました。

ほー普通だな

好きな理由は

強えーから

…なんじゃその理由、小学生やんと思いました。

しかも〇で点数貰えてるし(笑)

 

これなら、俺tueee系主人公書いても行けるんじゃね(笑)

この主人公とか(笑)

国語の漢字で書く問題

このひらがなを漢字で書けって問題、よくある問題だと思います。

筆者が見たテストはかごしまを漢字で書けという問題だった。

友人は鹿ご島と書いてあった。
児はど忘れして出てこなかったらしい。
まあよくあることだと思う。

しかし、

答案には〇が書いてあった

さすがに、これはおかしいと思い先生に言いに行ったらしい。
その先生は「一番難しい鹿が書けてるから〇だと言ったみたいだ」

問題に意味ねー(笑)
生徒も生徒だが先生も先生やな(笑)

まとめ

一番酷かったのは保健体育だが、この解答は公開できません。

底辺高校には絶対行きたくないなと思った。

関連記事

底辺理系大学の底辺学生は本当に酷かった。どうやって入学した?